Q&A(よくあるお問い合わせ)

HOME >  Q&A >  分子生物 > Dynabeads Prot…
0360

Dynabeads Protein AまたはDynabeads Protein Gを用いて、核タンパクから免疫沈降したいと考えていますが、

多くの核抽出液は塩濃度が高い組成になっています。操作のコツがあれば教えて下さい。

「核タンパクの免疫沈降」に関する特別なプロトコールはありませんが、

塩濃度が高い溶液(一般的な核抽出液など)から免疫沈降を行いたい場合は、

IPキットに添付している「Binding buffer」や 0.01% Tween20を含むPBSで核抽出液を希釈してから

Dynabeadsを添加することを推奨しています。

回答日:2012/05/02

関連製品
関連キーワード