Q&A(よくあるお問い合わせ)

HOME >  Q&A >  分子生物 > IP Kit Dynabea…
0024

IP Kit Dynabeads Protein A/Gに含まれるリン酸ベースバッファーは、Trisなど他のベースのバッファーに変更が可能ですか?

Trisなど他のバッファーの使用も可能です。ご使用をお考えの場合は、一度お試し頂き、十分なパフォーマンスが得られる事を確認してから本実験に進むことをお薦めいたします。 また、抗体を架橋する場合には、Trisが反応停止剤としてはたらくので、注意が必要となります。
It should be OK to use TBS buffer Na-phosphate buffer during isolation, but we do not have any in-house experience using those buffers and Dynabeads protein G. However, make sure the Tris is not present during cross-linking of the antibody. Tris is used to quench (
http://ja.invitrogen.com/site/jp/ja/home/References/protocols/proteins-expression-isolation-and-analysis/immunoprecipitation-protocol/immunoprecipitation-crosslinking.html).

回答日:2011/10/31

関連製品
関連キーワード

IPkitバファー