ViewRNA Cell Plus Assay Kit

シングルセルレベルでタンパク質とRNA (single-molecule sensitivity) の同時検出

これまで転写、翻訳および翻訳後修飾の間の複雑な相互作用は、RNAまたはタンパク質レベルどちらかを測定する典型的なエンドポイントアッセイについて、視界から隠されてきました。in situハイブリダイゼーション(ISH)は、個々の細胞における特異的RNA転写産物レベルを調べる方法を提供し、免疫細胞化学(ICC)は特定タンパク質(タンパク質修飾)の局在を可視化するために抗体が利用されます。一方、シングルセルにおけるRNA及びタンパク質の同時検出は、ICCおよびISHプロトコールの不一致によって阻まれてきました。さらに、従来ISH法では少量のRNA種を検出するための感度不足、複数項目の検出に制約があり解析を複雑にしてきました。

InvitrogenTM ViewRNATM Cell PlusアッセイはICCとViewRNAの技術、すなわち蛍光in situ ハイブリダイゼーション(FISH)の原理とbranched-DNA(bDNA)によるシグナル増幅技術を用い、シングルセルレベルでタンパク質とRNA(single-molecule sensitivity)を同時に検出する新規方法です。本アッセイは、indirect/direct ICCの両方を使用し、各細胞サブセットの詳細な特徴づける細胞表面及び細胞内タンパク質のイムノフェノタイピング最大3 種類のRNA同時検出することが可能 です。シングルセルレベルでのタンパク質とRNAの可視化は、生物学の様々なフィールドでの研究を進める為の有用なツールです。

アプリケーション例
 サンプルの多様性の解析
 同一の細胞内におけるRNA とタンパク質発現レベルの相互関係の解析
 各細胞サブセットにおけるmiRNA などのノンコーディングRNAの解析
 感染細胞におけるウィルスRNAの解析
 抗体の選択肢が限られた場合のmRNA による発現解析
 ハイスループットな化合物スクリーニング

サンプルの多様性の解析
ラット海馬初代細胞のフェノタイピング

 画像を拡大する>>
図1. ラット海馬初代培養細胞(13日間培養)をニューロン(Anti-MAP2 eFluor 570, 赤色, cat. no.41-9763)及びアストロサイト(Anti-GFAP Alexa488, 緑色, cat. no.53-9892)の抗体、Pvalb mRNAプローブ(Type 6, 青色, cat. no. VC6-15122)を使用しViewRNA Cell Plus Assayで染色した。Pvalbは神経のサブセットは検出された。核はDAPI(ピンク色)で染色した。
データ提供:Susanne tom Dieck & Erin Schuman, MPI Brain Research, Frankfurt/Main, Germany


 画像を拡大する>>
図2. ラット海馬初代培養細胞(13日日間培養)をアストロサイト(Anti-GFAP Alexa488, 緑色, cat. no. 53-9892)の抗体、2つのmRNAプローブ CamK2a(Type1, 赤色, cat. No. VC1-14239)、Map2(Type6, 青色, cat. noVC6-16200)を使用しViewRNA Cell Plus Assayで染色した。いずれのmRNAもアストロサイトでは発現してない一方、Mtap2はすべてのニューロンにおいて、CamK2aはサブセットで検出された。核はDAPI(青色)で染色した。
データ提供:Susanne tom Dieck & Erin Schuman, MPI Brain Research, Frankfurt/Main, Germany

感染細胞におけるウィルスRNAの解析
ジカウイルスRNAおよびチューブリン画像

 画像を拡大する>>
図3. ジカウイルス(MR766m)-infected Vero細胞をAnti-alpha Tubulin Alexa Fluor 488 antibody(緑色, cat. no. 53-4502)及びジカウイルスRNA-specific probe set Type 1(赤色, cat. no. VF1-19981)を使用しViewRNA Cell Plus Assayで可視化した。核はDAPI(青色)で染色した。
データ提供:Brass laboratory, University of Massachusetts Medical School

レアな細胞の検出
循環腫瘍細胞(CTC)の分析

 画像を拡大する>>
図4. 血液細胞集団にスパイクしたSKBR3細胞をErbB2 mRNA-specific probe set Type 6(赤色 cat. no. VA6-12652)、GAPDH mRNA-probe set Type 4(緑色, cat. no. VA4-10641)、Anti-Human Cytokeratin 7、Anti-Human CD326 Epithelial cell adhesion molecule purified antibodies followed by Anti-Mouse IgG Alexa Fluor 546(黄色、cat. nos. 14-9005, 14-9326, A10036)を使用しViewRNA Cell Plus Assayで検出。核はDAPI(青色)で染色した。
データ提供:RARECYTE

ノンコーディングRNAのシングルセル解析
ヒト乳がん細胞におけるマイクロRNA発現プロファイルの違い

 画像を拡大する>>
図5.  腺管及び腺癌の乳癌細胞株におけるViewRNA Cell Plus Assayを使用しtubulin、Ki-67、survivinタンパク質に沿ったマイクロRNA(miR)発現の検出
(左3列) miR-145、miR-34a、miR-143(白色、cat. nos. VM1-10252, VM1-10243, VM1-10251)は、異なる細胞株で同程度の発現を示した。miRはAnti-alpha Tubulin Alexa Fluor 488(緑色、cat. no. 53-4502)と共染色した。核はDAPI(青色)で染色した。
(中3列) Let-7a、miR-19a(白色, cat. nos. VM1-10409, VM1-10350)は各乳癌細胞株で高発現を示した。miR-221(白色、cat. no. VM1-10264)は非常に低い発現を示し、MDA-MB-231細胞で他の細胞株よりわずかに高い発現を示した。miRはAnti-Ki-67 eFluor 660(赤色, cat. no. 50-5699)と共染色した。核はDAPI(青色)で染色した。
(右3列) miR-17(白色、cat. no. VM1-10233)は各乳癌細胞株で高発現を示し、SKBR3細胞で他の細胞株よりわずかに低い発現を示した。miR-30d、miR-107(白色, cat. no. VM1-10241, VM1-10246)は低い発現を示した。miRはAnti-Survivin Alexa Fluor 488(緑色, cat. no. 53-9176)と共染色した。 核はDAPI(青色)で染色した。



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

関連製品

QuantiGene Plex 2.0 Assay Kit (mRNA向け)

PrimeFlow RNA Assay Kit

ViewRNA ISH Cell Assay Kit

ViewRNA ISH Tissue Assay Kit

技術資料

ViewRNA Cell Plus Assay製品パンフレット(英語)

英語マニュアル

ViewRNA Cell Plus Assay 英語マニュアル

日本語マニュアル

ViewRNA_Cell_plus_Assay_JPN_24wellplate用

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
TFA-00-19001 ViewRNA Cell Plus Fix/Perm Buffer Kit 1kit 冷蔵(2-8℃) 劇物  
TFA-88-19000-99 ViewRNA Cell Plus Assay Kit 1kit 室温/冷蔵/冷凍 劇物  
TFA-88-19002-11 ViewRNA Cell Plus Cytospin Module Kit 1kit 室温  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]