核酸精製用 ストレプトアビジン結合ビーズ

ストレプトアビジン結合Dynabeads マグネットキャンペーン


ストレプトアビジン結合DynabeadsTMは、ビーズの粒径、ビーズ表面の親水性/疎水性の違いで4種類のビーズあります。
目的に合ったタイプのビーズをご選択下さい。

【製 品】

● Dynabeads MyOne Streptavidin T1
Dynabeads MyOne Streptavidin T1は、トシル基活性化ビーズをベースに作られた、疎水性の表面を持つ粒径1.0 μmの超常磁性高分子ポリマービーズにストレプトアビジンを結合させたビーズです。極めて粒径が均一なビーズであると共に、ビーズ1 mgあたり1,100 - 1,700 pmol の遊離ビオチンを結合します。
分散性に優れ、NGS (次世代シーケンシング) のサンプル調製や自動化に適しています。
   ・ ビーズ粒径: 1.0 μm
   ・ 濃度: 10 mg/mL (7 - 12 x 109 beads/mL)
   ・ バッファー組成: PBS, pH 7.4 / 0.1% BSA /0.02% NaN3

● Dynabeads MyOne Streptavidin C1
Dynabeads MyOne Streptavidin C1は、カルボキシル基活性化ビーズをベースに作られた、親水性の表面を持つ粒径1.0 μmの超常磁性高分子ポリマービーズにストレプトアビジンを結合させたビーズです。極めて粒径が均一なビーズであると共に、1mg あたり2,500 pmol のビオチンと結合します。
分散性に優れ、NGSのサンプル調製や自動化に適しています。
   ・ ビーズ粒径: 1.0 μm
   ・ 濃度: 10 mg/mL (7 - 12 x 109 beads/mL)
   ・ バッファー組成: PBS, pH 7.4 / 0.01% Tween-20 / 0.09% NaN3

● Dynabeads M-280 Streptavidin
粒径2.8 μm の均一な超常磁性高分子ポリマービーズの表面に、高品質のストレプトアビジンが化学的に結合しています。ビオチン化プライマーを用いてPCR増幅したDNAのsolid phaseシークエンシングをはじめ、DNA/RNA結合タンパクの精製、DNA/RNAハイブリッドによる特定のDNA配列の分離、ラベル化一本鎖DNAの作製、in vitro mutagenesisなど分子生物学の分野などで広く利用されます。
ストレプトアビジン結合Dynabeads製品の中で最も早く販売され、多種多様なアプリケーションで使用され論文に引用されています。
   ・ ビーズ粒径: 2.8 μm
   ・ 濃度: 10 mg/mL (6 - 7x108 beads/mL)
   ・ バッファー組成: PBS, pH 7.4 / 0.1% BSA /0.02% NaN3

● Dynabeads Kilobase BINDER kit
2Kb 以上の長いビオチン化DNA 結合用のBinding Solution とDynabeadsM-280 Streptavidin の入ったキットです。キット中のBinding Solution を利用することで、2Kb 以上の長いDNA の結合率が従来の方法に比べ10-100 倍になりました。少量のビーズで高い結合量を得られます。
梱包内容 (200回分/キット) : 
   ・ Dynabeads M-280 Streptavidin (1 mL、10mg)
   ・ Binding Solution (15 mL)
   ・ Washing Solution (15 mL)

● Dynabeads M-270 Streptavidin
Dynabeads M-270 Streptavidin とDynabeads M-280 Streptavidin は基本的に同様の操作にご利用いただけますがビーズの性質で各操作により適したビーズを選択してください。
Dynabeads M-270 Streptavidin はカルボキシルビーズを基に作られており、マイナスにチャージした、より親水性のビーズです。
   ・ ビーズ粒径: 2.8 μm
   ・ 濃度: 10 mg/mL (6 - 7x108 beads/mL)
   ・ バッファー組成: PBS, pH 7.4, / 0.09%NaN3

● Dynabeads Streptavidin Trial Kit
Dynabeads Streptavidin Trial Kitでは、4種類のストレプトアビジン結合Dynabeads 各1 mLを、お求めやすい価格でお試しいただけます。ご自身の実験系に最適なストレプトアビジン結合Dynabeadsを検討したい場合などにご利用ください。
   ・ Dynabeads MyOne Streptavidin T1
   ・ Dynabeads MyOne Streptavidin C1
   ・ Dynabeads M-280 Streptavidin
   ・ Dynabeads M-270 Streptavidin


■ アプリケーション例 ■
アプリケーション例は、英文フライヤーp.7をご覧ください。



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

ストレプトアビジン結合ビーズ 操作概要

ストレプトアビジン結合ビーズは、ビオチン標識された核酸の精製をはじめ、様々なアプリケーションにご利用いただけます

ストレプトアビジン結合Dynabeads アプリケーション例

ストレプトアビジン結合Dynabeadsは、1本鎖DNAテンプレートの調整、RNAおよびDNA結合タンパク質の分離、大型DNA断片の固定化、シークエンシング産物の精製、核酸の特異的な吸着など、多種多様なアプリケーションにご利用になれます。
画像を拡大する>>

Dynabeads Kilobase BINDER (DB60101)

Dynabase Kilobase BINDERは、2 kb以上の2本鎖DNAに対し高い結合が得られます
赤線: Dynabeads M-280 Streptavidinで推奨するBinding & Washing Buffer (5 mM Tris-HCl, pH7.5, 0.5 mM EDTA, 1 M NaCl) を使用
緑線: Dynabeads kilobase BINDER Kitに添付のBinding Bufferを使用

関連製品

Dynabeads用磁石

よくある質問

Dynabeadsでよくある質問

技術資料

核酸アプタマーの探索には「Dynabeads」が最適!

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
DB11205 Dynabeads M-280 Streptavidin 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB11206 Dynabeads M-280 Streptavidin 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB60101 Dynabeads Kilobase BINDER kit 1kit 冷蔵(2-8℃)  
DB60210 Dynabeads M-280 Streptavidin 100mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65001 Dynabeads MyOne Streptavidin C1 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65002 Dynabeads MyOne Streptavidin C1 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65305 Dynabeads M-270 Streptavidin 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65306 Dynabeads M-270 Streptavidin 10mg/mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65601 Dynabeads MyOne Streptavidin T1 2mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65602 Dynabeads MyOne Streptavidin T1 10mL 冷蔵(2-8℃)  
DB65604 Dynabeads MyOne Streptavidin T1 50ml 冷蔵(2-8℃)  
DB65801 Dynabeads Streptavidin Trial Kit 1mLx4 冷蔵(2-8℃)  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

Reference List

・Shen FJ, Watts P, Zhang ZH, Zhang AJ, Sanderson S, Kemp SJ, Yue BS. [Enrichment of giant panda microsatellite markers using dynal magnet beads] Yi Chuan Xue Bao. 2005 May;32(5):457-62. Chinese
・Li XG, Tian JJ, Tani N, Yoshihiko T. [Isolation and characterization of nuclear microsatellites from Chamaecypress obtuse Endl] Yi Chuan Xue Bao. 2004 Apr;31(4):375-9. Chinese.
● Dynabeads Kilobase BINDER Kit
・Argara_a CE, Kuntz ID, Birken S, Axel R, Cantor CR. ‘Molecular cloning and nucleotide sequence of the streptavidin gene’. Nucleic Acids Res. 1986;14(4):1871-82.
・P_hler A, Hendrickson WA, Gawinowicz, Kolks MA, Argara_a CE, Cantor CR. ‘Characterization and crystalization of core streptavidin’. J. Biol. Chem. 1987;262 (29):13933-7.
・Blank TA, Sandaltzopoulos R and Becker PB. EMBL, Heidelberg. ‘Biochemical analysis of chromatin structure and function using Drosophila embryo extracts’. In Press - ‘Methods - A comparison Methods in Enzymology’.1996.
・Heald R. et al. ‘Self-organization of microtubules into bipolar spindles around artificial chromosomes in Xenopus egg extracts.’ Nature 1996; 382:420-425.
・Travis J. ‘Mitotic Mischief - Can cells divide without chromosomes?’ Science News 1996;150: 140-141. ・Gabrielsen OS and Huet J. ‘Magnetic DNA Affinity Purification of Yeast Transcription Factor’. Methods in Enzymology 1993;.218: 508-525.
・Hultman T. et al. ‘Direct solid-phase sequencing of genomic and plasmid DNA using magnetic beads as solid support’. Nucleic Acids Res. 1989;17;4937-46.
・Hultman T. et al. ‘Bi-directional solid-phase sequencing of in vitro amplified plasmid DNA’. BioTechniques 1991;10(1):84-93.
・Laundon CH and Griffith JD. Biochemistry 1987;26:3759-3762.The list below presents a selection of published articles where Dynabeads kilobaseBINDER Kit has been used.
・Fletcher TM. et al. Structure and dynamicproperties of a glucocorticoid receptor-induced chromatin transition. Mol. Cell. Biol. 2000;20(17):6466-6475.
・Ikeda K. et al. Molecular interaction and synergistic activation of a promoter by Six, Eya and Dach proteins mediated through CREB binding protein. Mol. Cell. Biol. 2002;22(19):6759-6766.
・Sidhu MS. et al. Frequency of disinfectant resistance genes and genetic linkage with beta-lactamase transposon Tn552 among clinical Staphylococci. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2002;46(9):2797-2803.
・Edwards MC. et al. MCM2-7 complexes bind chromatin in a distributed pattern surrounding the origin recognition complex in Xenopus egg extracts. J of Biol. Chem. 2002;36(277):33049-33057. ・Budde PP. et al. Regulation of Op18 during spindle assembly in Xenopus egg extracts. J. Cell Biol. 2001;153(1):149-158.

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]