微生物用磁気ビーズ(Dynabeads)

微生物の免疫磁気分離法のパイオニアとして標的微生物に対する抗体を結合した、免疫磁気ビーズをお届けしております。他社にはない均一な高性能磁気ビーズにより、標的微生物を迅速、高感度、効率的に分離濃縮する事ができるため、選択的増菌用等に広く用いられています。特にDynabeads snti-E.coli O157 は食品検査で、Dynabeads anti-Cryptosporidium/GC-Comboは水質検査において広く用いられています。

■ Dynabeads(ダイナビーズ)の粒子

Dynabeads は可磁化物質(γFe2O3とFe3O4)が一様に分布した高分子ポリマーのコアを親水性ポリマーで覆った、粒子径が均一なビーズです。この高分子ポリマー製磁気ビーズは、IgM抗体その他の蛋白質の物理吸着に適しています。この表面に種々の抗体を結合したビーズや、ある種の蛋白あるいはヌクレオチドなどを結合したビーズは、強力な磁石(MPC)を併用することにより、細胞の分離や微生物の濃縮ならびに蛋白や核酸などの分離・精製をきわめて簡便な操作で、確実かつ速やかに行うことができます。

【材 質】
高分子ポリマー

【可磁化物質】
γFe2O3 とFe3O4

【粒子径】
2.8μm、4.5μm の2 種

【特長】
1. γFe2O31やFe3O4分子が分散した形でビーズコアに存在するため超常磁性で、磁石を離せば、磁性が残らずビーズは分散します。
2. 粒子のサイズが一定でその表面形状も均一なため、安定した化学的・物理的特性を示します。そのため抗体、蛋白質、レクチン等を結合して使用する際に再現性のある安定した結果をもたらします。
3. 磁力を用いてビーズを集合させるため、すべての用途において遠心機を用いた重力 (遠心力)による分離に比べてコンタミネーションがきわめて少なく、純度の高いサンプルの採集が可能です。
4. 高いレベルの品質管理のもとに製造されており、安定した品質が保証されています。

ビーズの写真

Dynabeads は粒径が均一です。左図:Dynabeads。右側図:他社ビーズ。

製品検索結果

合計 8 件中 1 件目から 8 件目を表示
1
1