マウス腸管オルガノイド用培地 (IntestiCult)

【製品】  
IntestiCult Organoid Growth Medium (Mouse) (ST-06005) はマウス腸管オルガノイドを効率良く形成し、長期培養するための無血清培地です。
腸管オルガノイドは、腸管上皮と幹細胞のダイナミクスを研究するためのin vitro 器官培養系です。オルガノイドは成体腸管上皮の全細胞タイプを含み、極性のある上皮の特徴を持ちます。またin vivo の腸を特徴づける、機能的な管腔とcrypt-villus(陰窩- 絨毛)構造を持ちます。本培地で培養された腸陰窩は迅速にオルガノイドを形成し、発生・機能解析・腸疾患モデル・幹細胞および再生医療研究といったアプリケーションにご利用頂けます。

「期間限定 33% OFF」 (2018/7/28まで)
マウス腸管オルガノイド「バーチャル・トレーニング」コース:
培養に必要なスキルの講義とIntestinal Organoid Starter Kitが含まれます
申込はこちら>>
 

【紹介動画】
”How to Culture Mouse Intestinal Organoids”

【特長】
● 成体腸管上皮の特徴と組織を再現した、簡易なin vitro 培養系
● 無血清でdefined な培地組成のため、結果の再現性が高い
● 1 週間以内で腸管オルガノイドの形成が可能
● シンプルなフォーマットと簡便なプロトコール


【腸管オルガノイドのアプリケーション】
● 腸管幹細胞研究
● 腸疾患
● 成体幹細胞研究
● 遺伝子治療のための基礎研究
● 創薬スクリーニング


【ST-06005のコンポーネント】
● IntestiCult OGM (Mouse) Basal Medium:90 mL
● IntestiCult OGM (Mouse) Supplement 1:5 mL
● IntestiCult OGM (Mouse) Supplement 2:5 mL

※ 他にCorning Matrigelなどが必要になります。詳細はマニュアルをご覧ください。
※ マウス腸オルガノイドの凍結保存には、CryoStor CS10が最適です。

Technical Tips:
IntestiCult Organoid Growth Medium (Mouse) 完全培地に1mM バルプロ酸(Valproic acid)および1μM CHIR99021を添加することで、マウス腸管オルガノイドの培養効率が向上する場合があります。
参考文献: Yin X, et al. Niche-independent high-purity cultures of Lgr5+ intestinal stem cells and their progeny. Nat Methods. 2014 Jan;11(1):106-12.


【文献】
●Hahn S et al. Scientific reports 2017 MAY Organoid-based epithelial to mesenchymal transition (OEMT) model: from an intestinal fibrosis perspective.
●Saxena A et al. American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology 2017 JUL Absence of the NOD2 protein renders epithelia more susceptible to barrier dysfunction due to mitochondrial dysfunction.
●Aladegbami B et al. Scientific reports 2017 JUL Epithelial cell specific Raptor is required for initiation of type 2 mucosal immunity in small intestine.
●Duhachek-Muggy S et al. Radiation research 2017 AUG Growth Differentiation Factor 11 does not Mitigate the Lethal Effects of Total-Abdominal Irradiation.
●Bhushal S et al. Frontiers in immunology 2017 Cell Polarization and Epigenetic Status Shape the Heterogeneous Response to Type III Interferons in Intestinal Epithelial Cells.



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

5日培養後のマウス腸管上皮オルガノイド

関連製品

凍結マウス腸管オルガノイド

マウス腸管オルガノイドトレーニング (Intestinal Organoid Virtual Training)

技術資料

【プロトコール】マウス腸管オルガノイドの培養

【学会ポスター】Efficient establishment and long-term maintenance of 3D mouse intestinal organoids

【ウェビナー】From Stem Cells to Organoids: Modeling the Gastrointestinal Tract 視聴はこちら>>

【ミニレビュー】Intestinal organoid culture

STEMCELL Technologies社 動画マニュアル ポータルサイト

【学会ポスター】マウス小腸オルガノイドと96ウェルプレートを用いた細胞毒性試験の開発

関連リンク

STEMCELL Technologies社 ポスター差し上げます!

Organoid Information Hub (STEMCELL Technologies社・英語)

よくある質問

IntestiCultのFAQ

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
ST-00261 Intestinal Organoid Virtual Training 室温/冷蔵/冷凍/液窒  
ST-06005 IntestiCult Organoid Growth Medium (Mouse) 100mLkit 冷蔵/冷凍  
ST-07174 Gentle Cell Dissociation Reagent 100mL 室温  
ST-36254 DMEM/F-12 with 15 mM HEPES 500mL 冷蔵(2-8℃)  
ST-37350 D-PBS without Ca++ & Mg++ 500mL 室温  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]