神経生理学用 無血清培地(BrainPhys)

「BrainPhys+SM1 Supplement」再現性高く神経生理学研究に完璧なパートナー

「BrainPhys Medium」
脳の生理条件を再現した、プライマリーニューロンの長期培養用 無血清培地!

「SM1 Supplement」 (商品名:NeuroCult SM1 Neuronal Supplement)
B27に基づいた組成を最適化・シナプス活性の高いニューロン比率が増加!


【製品】
BrainPhysは新規の無血清・神経培養用基礎培地で、プライマリーニューロンおよびヒト多能性幹細胞(ES/iPS)由来ニューロンの培養に適しています。従来の神経培養培地やDMEMと異なり、細胞の生存だけでなくin vitroでの神経機能をより良くサポートするように設計されていますので、培養条件からそのまま活動電位発生やシナプス活動を含む神経機能解析を行うことも可能です。
SM1 Supplementは、多くの機能性ニューロンを再現性高く得られ、グリア細胞のコンタミネーションを最小限に抑える(<1% GFAP+)ように最適化されています。また、NeuroCult SM1 Neuronal Supplementは、低および高細胞密度のプライマリーニューロンの培養を短期長期ともにサポートします。




【文献】 追加文献情報はこちら>>
BrainPhysは下記文献を元に開発されています(組成は、Table S5参照)。

● Bardy C et al. (2015) Neuronal medium that supports basic synaptic functions and activity of human neurons in vitro. Proc Natl Acad
Sci. 112(20):E2725-34

● Dimidschstein J et al. (OCT 2016) Nature neuroscience A viral strategy for targeting and manipulating interneurons across vertebrate species.

「BrainPhys」の特長
 生理的・・・脳の細胞外環境を再現
 活性・・・神経機能が改善され、シナプス活性の高いニューロンの比率が上昇
 簡便・・・培地を交換することなく機能解析が可能
 多用途・・・ES/iPS細胞由来ニューロンおよび中枢神経系由来ニューロンの長期培養可能
 信頼性・・・細心の原料スクリーニングとQCで、最小限のロット間差を実現

「SM1 Supplement」の特長
 長期培養でニューロンの生存と成熟が向上
 ロット間差が最小で、高い再現性

【アプリケーション】
 マウス、ラットのプライマリーニューロンの培養
 ヒトES/iPS細胞由来ニューロンの分化、成熟
 微小電極アレイ(MEA)による神経活動検出 使用例>>
 蛍光ライブイメージング(カルシウムイメージング、オプトジェネティックス)
 Transdifferentiation(体細胞からニューロンへ)

【BrainPhysと併用可能なサプリメント】
・ ST-05711 NeuroCult SM1 Neuronal Supplement
・ ST-05731 NeuroCult SM1 without Vitamin A
・ ST-07152 N2 Supplement-A (ホロトランスフェリン含有)
・ ST-07156 N2 Supplement-B (アポトランスフェリン含有)
  ほかにも、各種の低分子化合物サイトカインを添加して使用頂けます。


フェノールレッドフリーのBrainPhys
・ ST-05791 BrainPhys Without Phenol Red
  従来のBrainPhysからフェノールレッドのみを除去した組成です。
  フェノールレッドの自家蛍光がないため、蛍光イメージングなどに適しています。

培地とサプリメントのお得なセット品 内容
・ ST-05792      BP + SM1
・ ST-05793      BP + N2-A + SM1
・ ST-05792-WOVA BP + SM1 without Vitamin A
・ ST-05793-WOVA BP + N2-A + SM1 without Vitamin A
・ ST-05791-CUL  BP without Phenol Red + SM1
・ ST-05791-DIF   BP without Phenol Red + N2-A + SM1
・ ST-05791-CUL-WOVA  BP without Phenol Red + SM1 without Vitamin A
・ ST-05791-DIF-WOVA   BP without Phenol Red + N2-A + SM1 without Vitamin A

 注) BP = BrainPhys Neuronal Medium
    SM1 = NeuroCult SM1 Neuronal Supplement
    N2-A = N2 Supplement-A



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

ラットプライマリーニューロンの活動電位

BrainPhysで成熟させたニューロンは自発的な興奮性(A)および抑制性(C)のシナプス活動を示した。従来の神経培地で成熟させた場合(B,D)よりも振幅、頻度とともに高い。

ヒトES細胞由来ニューロンの神経マーカー発現

ES細胞H9株由来の神経前駆細胞(※)をBrainPhys (supplemented with 2% NeuroCult SM1 Supplement, 1% N2 Supplement-A, 20 ng/mL GDNF, 20 ng/mL BDNF, 1 mM db-cAMP and 200 nM ascorbic acid)で14日間培養し、神経分化させた。神経細胞は長い突起を形成し、Synapsin 1 (A-B; 緑)とMAP2 (A, C; 赤)を発現した。スケールバーは50 μm。

※ 神経前駆細胞はSTEMdiff Neural Induction Mediumを使用してEB法で誘導した。

各培地の性能比較

チェック印は、生理的条件および活動をサポートすることを示す(Bardy C et al. (2015)にもとづく)。

【追加文献】
● BrainPhys文献 (STEMCELL Technologies社ウェブ未掲載の文献)
Travis C.J., Shawn E. K., Edwin K.J., Patrick M.K. Experimental Neurology (2017)BrainPhys increases neurofilament levels in CNS cultures, and facilitates investigation of axonal damage after a mechanical stretch-injury in vitro.

1. Xu, X., Radulescu, C. I., Utami, K. H. and Pouladi, M. A. (2017). Obtaining Multi-electrode Array Recordings from Human Induced Pluripotent Stem Cell–Derived Neurons. Bio-protocol 7(22). (N2およびSM1 Supplementを加えて使用)
2. Frederick J. Livesey (2015). Reconstructing the neuronal milieu intérieur. Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 May 19;112(20):6250-1. (BrainPhysの有用性についてのコメント)
3. Sünwoldt J, Bosche B, Meisel A and Mergenthaler P (2017). Neuronal Culture Microenvironments Determine Preferences in Bioenergetic Pathway Use. Front. Mol. Neurosci. 10:305.
4. Simon D. Klapper, Evelyn J. Sauter, Anka Swiersy, Max A. E. Hyman, Christian Bamann, Ernst Bamberg, and Volker Busskamp (2017). On-demand optogenetic activation of human stem-cell-derived neurons. Sci Rep. 7: 14450.
5. Hester M.E., Hood A.B. (2017). Generation of Cerebral Organoids Derived from Human Pluripotent Stem Cells. In: Srivastava A., Snyder E., Teng Y. (eds) Stem Cell Technologies in Neuroscience. Neuromethods, vol 126. Humana Press, New York, NY.
6. Ortiz-Virumbrales M, Moreno CL, Kruglikov I, Marazuela P, Sproul A, Jacob S, Zimmer M, Paull D, Zhang B, Schadt EE, Ehrlich ME, Tanzi RE, Arancio O, Noggle S, Gandy S. (2017). CRISPR/Cas9-Correctable mutation-related molecular and physiological phenotypes in iPSC-derived Alzheimer's PSEN2 N141I neurons. Acta Neuropathol Commun. 27;5(1):77.
7. C Bardy, M van den Hurk, B Kakaradov, J A Erwin, B N Jaeger, R V Hernandez, T Eames, A A Paucar, M Gorris, C Marchand, R Jappelli, J Barron, A K Bryant, M Kellogg, R S Lasken, B P F Rutten, H W M Steinbusch, G W Yeo & F H Gage (2016). Predicting the functional states of human iPSC-derived neurons with single-cell RNA-seq and electrophysiology. Molecular Psychiatry 21, 1573–1588.
8. K C Vadodaria, J Mertens, A Paquola, C Bardy, X Li, R Jappelli, L Fung, M C Marchetto, M Hamm, M Gorris, P Koch & F H Gage (2015). Generation of functional human serotonergic neurons from fibroblasts. Molecular Psychiatry 21, 49–61.
9. Samuel S Pappas, Chun-Chi Liang, Sumin Kim, CheyAnne O Rivera, William T Dauer (2017). TorsinA dysfunction causes persistent neuronal nuclear pore defects. Hum Mol Genet. 2017 Nov 24. [Epub ahead of print]
10. Tasuku Kayama, Ikuro Suzuki, Aoi Odawara, Takuya Sasaki, Yuji Ikegaya (2018). Temporally coordinated spiking activity of human induced pluripotent stem cell-derived neurons co-cultured with astrocytes. Biochemical and Biophysical Research Communications 495: 1028-33.

● BrainPhys文献 (STEMCELL Technologies社ウェブ掲載)
11. Matsuoka AJ et al. Directed Differentiation of Human Embryonic Stem Cells Toward Placode-Derived Spiral Ganglion-Like Sensory Neurons. Stem cells translational medicine 2017 MAR.
12. Xu X et al. Reversal of Phenotypic Abnormalities by CRISPR/Cas9-Mediated Gene Correction in Huntington Disease Patient-Derived Induced Pluripotent Stem Cells. Stem Cell Reports 2017 MAR.
13. Gabriel E et al. Recent Zika Virus Isolates Induce Premature Differentiation of Neural Progenitors in Human Brain Organoids. Cell stem cell 2017 JAN.
14. Dimidschstein J et al. A viral strategy for targeting and manipulating interneurons across vertebrate species. Nature neuroscience 2016 DEC.

関連製品

プライマリーニューロン培養 無血清サプリメント (NeuroCult SM)

ヒトES/iPS細胞からの神経前駆細胞誘導、増殖 (STEMdiff Neural)

NeuroCult用サポート試薬

ヒトiPS由来ニューロン

ヒトiPS由来ドーパミン作動性ニューロン

ヒトiPS由来アストロサイト

フライヤー

BrainPhys製品資料(英語)

技術資料

【学会ポスター】BrainPhys Neuronal Medium: A Medium Optimized to Support the Synaptic Activity of Neurons

BrainPhys開発者Dr. Bardyのウェブセミナー 視聴はこちら>>

XCell Neuronを用いたMEA計測 (VERITAS SCIENCE LETTER - Basic Research Vol. 16)

【学会ポスター】BrainPhys Neuronal Medium Supports the Electrical Activities of Neurons in Long-Term Cultures

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
ST-05790 BrainPhys Neuronal Medium 500mL 冷蔵(2-8℃)  
ST-05791 BrainPhys Without Phenol Red 500mL 冷蔵(2-8℃)  
ST-05791-CUL BrainPhys without phenol red special set for Neuronal culture set 冷蔵/冷凍  
ST-05791-CUL-WOVA BrainPhys without Phenol Red and SM1 (without Vitamin A) set set 冷蔵/冷凍  
ST-05791-DIF BrainPhys without phenol red special set for Neuronal differentiation set 冷蔵/冷凍  
ST-05791-DIF-WOVA BrainPhys without Phenol Red and N2-A/SM1 (without Vitamin A) set set 冷蔵/冷凍  
ST-05792 BrainPhys Neuronal Medium and SM1 kit kit 冷蔵/冷凍  
ST-05792-WOVA BrainPhys and SM1(without Vitamin A) kit kit 冷蔵/冷凍  
ST-05793 BrainPhys Neuronal Medium and N2-A/SM1 kit kit 冷蔵/冷凍  
ST-05793-WOVA BrainPhys and N2-A/SM1 (without Vitamin A) kit kit 冷蔵/冷凍  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]