ヒトES/iPS細胞浮遊培養用培地 (mTeSR 3D)

【 製 品 】 NEW
mTeSR 3D (ST-03950) は、ヒトES/iPS細胞維持培養のスタンダード "TeSR"シリーズに新しく加わった、ES/iPS細胞塊の浮遊培養用培地です。

浮遊培養に最適化された組成と、簡便な流加培養(fed-batch)ワークフローにより6ウェルプレート1枚から2-3週間で1x10^9 cellsまで増殖させることが可能です。

継代はウィークエンドフリー!
培養プロトコールは、3日・4日間隔で交互に継代(+培地交換)を繰り返すスケジュールに最適化されています。つまり週末の継代(+培地交換)が不要です。


【 特 長 】
● ヒト多能性幹細胞に最適化された無血清培地
● 簡便な流加培養(fed-batch)ワークフロー
● マイクロキャリアーや細胞外マトリックスの添加は不要
● 最短2-3週間で1 x 10^9 cellsまでスケールアップ可能

※ mTeSR 3DはAccellta社のライセンスのもと製造販売されています。

【 キット内容(ST-03950) 】
• mTeSR™3D Seed Basal Medium, 400 mL
• mTeSR™3D Seed 5X Supplement, 100 mL
• mTeSR™3D Feed Supplement A, 100 mL
• mTeSR™3D Feed Supplement B, 12 mL

【 mTeSR 3Dでの継代方法 】
核型異常のリスクを最小限にするために、シングルセルではなく細胞塊(clump)での継代方法が推奨されています。



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

mTeSR 3Dによる流加培養の流れ

Day 0に、10 uM Y-27632を加えたSeed Mediumで播種する。それ以外の日は、Feed Mediumを加えるだけで培地交換は不要。

mTeSR 3DによるヒトES/iPSの増殖

増殖速度は細胞株依存的だが、複数の細胞株が10継代にわたり安定して増殖した。

mTeSR 3Dで培養した細胞塊の形態

3-4日の培養で350-400 um程度の細胞塊が形成される。

関連製品

スタンダードなヒトES/iPS細胞維持培地 (mTeSR1)

mTeSR1・TeSR-E8・TeSR2用 サポート試薬

ES/iPS細胞用抗体

英語マニュアル

mTeSR 3D 使用マニュアル

フライヤー

mTeSR 3D 英語フライヤー

技術資料

STEMCELL Technologies社 動画マニュアル ポータルサイト

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
ST-03950 mTeSR 3D kit 冷蔵/冷凍  
ST-72302 Y-27632 (2HCl) 1mg 冷凍(-20℃)  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]