ヒトiPS細胞リプログラミング用培地(ReproTeSR/TeSR-E7)

ReproTeSR (ST-05920, 05926)は、ヒト血液細胞からのiPS誘導に最適化されたリプログラミング用培地です(血清フリー、ゼノフリーの完全培地)。末梢血由来のCD34+細胞や赤血球系細胞から、フィーダーフリー培養でiPS細胞を誘導する際に使用します。

【ReproTeSRの特長】
 ● 血液細胞に最適化
 ● iPS細胞株を容易に樹立可能
 ● 造血系細胞の分離・増殖~iPS細胞の維持・分化までのワークフローが確立

おしらせ: ST-05920は在庫が無くなり次第、販売中止となります。後継品は、組成が全く同じでサプリメントを1本にまとめたST-05926です。(2018年8月)

オススメ!
 Erythroid Progenitor Reprogramming Kit (ST-05924)
 CD34 Progenitor Reprogramming Kit (ST-05925)

 赤血球前駆細胞、および、CD34+細胞からのリプログラミングに必要な試薬・器具をまとめたキット製品です。
 

【ReproTeSRによるリプログラミングの概要】
 ReproTeSRはリプログラミングの誘導期間 (Day 3-21)に使用します。Day 3-5にReproTeSRをStemSpanに加えて細胞の接着を促します。さらにReproTeSRで、iPSコロニーが現れるまで培養し(Days 21-28)、単離したコロニーをTeSR培地(mTeSR1, TeSR2, TeSR-E8など)で増幅します。
 

【データ例】
ReproTeSRのリプログラミング効率
 
 (A)赤血球系細胞と(B)CD34+細胞におけるエピソーマルベクターでのリプログラミング効率。ReproTeSRはKOSR-containing hESC mediumより高効率を示した。Data shown are mean +/- SEM; erythroid cells n=4; CD34+ cells n=5.

ReproTeSRで樹立したコロニーの優れた形態
 
 (A)ReproTeSRと(B)hESC mediumで樹立した、CD34+前駆細胞由来iPS細胞のコロニー形態。ReproTeSRでは、明確な境界線・密な形態・分化の抑制が見られる。

【文献例】
ST-05920 ReproTeSR
・ Loh Y-H et al. (JUL 2010) Cell stem cell 7 1 15--19 Reprogramming of T cells from human peripheral blood.

TeSR-E7 (ST-05910, 05914)は、組成が明確でゼノフリーなヒトiPS細胞リプログラミング用のフィーダーフリー培地です。Dr. James Thomson (Wisconsin大学) の研究室によるE7の文献組成をベースに製造しています。ヒト繊維芽細胞などのリプログラミングをサポートします。

【TeSR-E7の特長】
 ● コロニーの同定と選択がより簡単
 ● 迅速なサブクローニングが可能
 ● 再現性が高い

 予めスクリーニングされた成分のみを培地組成として使用していますので常に高品質な形態を維持したiPS細胞コロニーを得る事ができます。これによりマニュアルでの選択が容易になります。また、分化する細胞の割合が少なく、フィーダー細胞も使わないので均質なiPS細胞を樹立する事が可能になります。

おしらせ: ST-05910は在庫が無くなり次第、販売中止となります。後継品は、組成が全く同じでサプリメントを1本にまとめたST-05914です。(2018年8月)

【TeSR-E7によるリプログラミングの概要】
 TeSR-E7はリプログラミングの誘導期間(day3-25以上)において利用可能です。リプログラミング後のiPS細胞コロニーはフィーダーフリーのメンテナンスシステム(mTeSR1やTeSR-E8)で培養できます。
 


【文献例】
ST-05910 TeSR-E7
・ Bell S et al. (MAR 2017) Stem cells translational medicine 6 3 886--896 A Rapid Pipeline to Model Rare Neurodevelopmental Disorders with Simultaneous CRISPR/Cas9 Gene Editing.
・ Tidball AM et al. (JUL 2017) Stem cell reports Rapid Generation of Human Genetic Loss-of-Function iPSC Lines by Simultaneous Reprogramming and Gene Editing.



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

TeSR-E7での誘導期間中に観察される代表的なiPS細胞コロニーの形態

TeSR-E7で樹立したiPS細胞コロニーとKOSRで樹立したiPS細胞コロニーの比較

関連製品

ゼノフリー・低蛋白なヒトES/iPS細胞維持培地 (TeSR-E8)

スタンダードなヒトES/iPS細胞維持培地 (mTeSR1)

Definedな基底膜マトリックス(Vitronectin-XF)

造血幹細胞増殖用 無血清培地 (StemSpan)

フライヤー

TeSR-E7 英文フライヤー(比較データ含む)

リプログラミングの目的別 製品選択フロー

技術資料

TeSR-E7 海外学会発表ポスター (1)

TeSR-E7 海外学会発表ポスター (2)

TeSR-E7 プロトコール(エピソームを用いる方法)

血液細胞リプログラミングのワークフロー(ReproTeSR)

ReproTeSR 海外学会発表ポスター

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
ST-05910 TeSR-E7 Reprogramming Medium 500mL 冷蔵/冷凍  
ST-05914 TeSR-E7 Reprogramming medium (2-component) 500mL 冷蔵/冷凍  
ST-05920 ReproTeSR 500mL 冷蔵/冷凍  
ST-05924 Erythroid Progenitor Reprogramming Kit 1Kit 室温/冷蔵/冷凍  
ST-05925 CD34+ Progenitor Reprogramming Kit 1Kit 室温/冷蔵/冷凍 カルタヘナ法  
ST-05926 ReproTeSR (2-component) 500mL 冷蔵/冷凍  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]