ヒトES/iPS細胞からの分化用培地 (STEMdiff APEL2 Medium)

【製品】
STEMdiff APEL2 Mediumは、ヒトES/iPS細胞の分化をサポートする汎用性の培地です。Dr. Andrew Elefantyの論文を元にした組成であり、組成が不明確なコンポーネントを含みません。適切なサイトカインや誘導因子を添加することで、中胚葉・内胚葉・外胚葉の各系列へ分化誘導することが可能です。

STEMdiff APEL2-LI Mediumは、インスリン含量が低く(1 ug/mL, APEL2の1/10)心筋への分化に最適な組成です。
使用文献例: Elliott et al., Nature Meth 8 (2011)

【特長】
STEMdiff APEL2 Medium: 
  ・ 血清フリー、動物由来成分フリー、成長因子フリー
  ・ ヒトES/iPS細胞の分化をサポート
  ・ EB法、接着培養法のどちらにも対応可能
  ・ Nature Protocols(Ng et al. 2008)に掲載された組成をもとに開発


【アプリケーション 例】
  ・ ヒトiPS細胞からの腎臓分化 (理化学研究所 高里博士)
  ・ ヒト心筋細胞、造血系細胞、および最終的な内胚葉細胞への分化

重要なおしらせ:
従来のSTEMdiff APEL Medium (ST-05210; 100 mL)および、STEMdiff APEL-LI Medium (ST-05211; 100 mL) は販売中止となりました。後継品は、STEMdiff APEL2 Medium (ST-05270; 100 mL, ST-05275; 500 mL) および、STEMdiff APEL2-LI Medium (ST-05271; 100 mL)ですが、従来組成から5% Protein-Free Hybridoma Medium (Thermo Fisher catalog #12040077)が除去されていますので、必要に応じて別途添加してください。詳細はお問い合わせください。(2016年8月)



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

ヒト多能性幹細胞から造血系細胞への分化

hiPS-4D1 cells (左)およびH9 cells (右)をSTEMdiff APELで13日間分化培養後、造血系マーカーであるCD34, CD45の発現をフローサイトメトリーで解析したものです。

ヒト多能性幹細胞の心筋細胞への分化

Yang らの文献*を参考に、適切なサイトカインを添加したSTEMdiff APEL MediumをAggreWell 400で胚葉体(EB)を形成させながら培養しました。
拍動するEBは、STEMdiff APELで16日間培養後にカウントされ始めました(n=9、5-95%で変化)。
* Yang L et al. Nature 453:524-528, 2008

ヒト多能性幹細胞から胚体内胚葉への分化

Rezania らの文献**を参考に、H9 ヒトES細胞を4日間培養し、胚体内胚葉マーカーのCXCR4およびSOX-17の発現をフローサイトメトリーで解析したものです。
左: サイトカインを添加していない STEMdiff APEL Mediumで培養した細胞
右: サイトカインを添加したSTEMdiff APEL Mediumで培養後、胚体内胚葉に分化した細胞

** Rezania A, et al. Diabetes 60:239-247, 2011


【文献】

●Ciampi O et al. Stem Cell Research 2016 JUN. Generation of functional podocytes from human induced pluripotent stem cells.

●Kitajima K et al. Experimental hematology 2016 JAN. GSK3β activates the CDX/HOX pathway and promotes hemogenic endothelial progenitor differentiation from human pluripotent stem cells.

●Song B et al. Stem cells and development 2015 MAY. Improved hematopoietic differentiation efficiency of gene-corrected beta-thalassemia induced pluripotent stem cells by CRISPR/Cas9 system.

●Toh Y-CC et al. Biomaterials 2015 MAY. Modulation of integrin and E-cadherin-mediated adhesions to spatially control heterogeneity in human pluripotent stem cell differentiation.

●Xing J et al. Scientific Reports 2015 MAY. A method for human teratogen detection by geometrically confined cell differentiation and migration.

関連製品

スタンダードなヒトES/iPS細胞維持培地 (mTeSR1)

胚様体形成用プレート (AggreWell)

ヒトES/iPS細胞からの神経前駆細胞誘導、増殖 (STEMdiff Neural)

ヒトES/iPS細胞からの内胚葉系細胞分化用培地 (STEMdiff Definitive Endoderm Kit)

ヒトES/iPS細胞からの分化用培地 (TeSR-E6/E5)

ES/iPS細胞研究用 低分子化合物

ヒトサイトカイン

ヒトES/iPS細胞からの造血前駆細胞分化用培地 (STEMdiff Hematopoietic Progenitor)

技術資料

STEMdiff_APEL_Medium製品資料

STEMdiff APEL2によるヒトiPS細胞の腎臓分化 研究者の声【4】

サイエンスレター

ES/iPS細胞の血球、心筋、内胚葉への分化

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
ST-05270 STEMdiff APEL2 Medium 100mL 冷凍(-20℃)  
ST-05271 STEMdiff APEL2-LI Medium 100mL 冷凍(-20℃)  
ST-05275 STEMdiff APEL2 Medium 500mL 冷凍(-20℃)  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]