ヒトES/iPS細胞からの神経前駆細胞誘導、増殖 (STEMdiff Neural)

【 製 品 】
ヒトES/iPS細胞から神経前駆細胞を誘導し、増殖、保存するのに最適な製品群です。神経前駆細胞のキャラクタリゼーションに適した抗体パネルもございます。

STEMdiff Neural Induction Medium (ST-05835, ST-05839)
ヒト多能性幹細胞(ES細胞・iPS細胞)を神経前駆細胞 (NPCs) に誘導するためのDefinedな無血清培地です。STEMdiff Neural Rosette Selection Reagent(下記)を併用することで、高純度のヒト神経前駆細胞を得ることができます。
※ 2014年10月、ST-05831 STEMdiff Neural Induction Medium 100 mLを販売中止とさせて頂きました。後継品は、容量のみが異なるST-05835 (250 mL)、ST-05839 (250 mL x 2) です。

STEMdiff Neural Rosette Selection Reagent (ST-05832)
STEMdiff Neural Induction Mediumで得られた接着性神経凝集体から、早期神経分化のサインとして観察されるNeural rosette clustersを選択的に解離する酵素フリーの試薬です。穏やかな機械的粉砕と併用することで神経前駆細胞 (NPCs) を高純度で回収でき、さらにシングルセルとして継代培養できます。

STEMdiff Neural Progenitor Medium (ST-05833)
神経前駆細胞を増殖するための無血清培地です。神経分化を最小限に抑えながら、1継代当たり3-5倍の増殖、および10回以上の継代が可能です。

STEMdiff Neural Progenitor Freezing Medium (ST-05838)
神経前駆細胞を凍結保存するためのDefinedな無血清培地です。DMSOを含んでいます。

STEMdiff Neural Progenitor Antibody Panel (ST-69001)
神経前駆細胞をキャラクタライズするための抗体パネルです。

NeuroFluor CDr3 (ST-01800)
プライマリーおよび多能性幹細胞から誘導された神経前駆細胞を選択的に生きたままラベルするための、膜透過性蛍光プローブです。マウス・ラット・ヒトの Fatty Acid Binding Protein 7 (FABP7) に特異的に結合します(Ex 579 nm、Em 604 nm)。ラベルした細胞は、蛍光イメージング・フローサイトメトリーでの定量解析・FACSでの分離に使用できます。

NEW NeuroFluor NeuO (ST-01801)
プライマリーおよび多能性幹細胞由来の神経細胞(マウス・ラット・ヒト)を選択的に生きたままラベルするための、膜透過性蛍光プローブです(Ex 478 nm、Em 557 nm)。ラベルした細胞は、蛍光イメージングで観察できます。

【 特 長、用 途 】
STEMdiff Neural Induction Mediumの特長:
  ・ Defined
  ・ 無血清
  ・ 迅速および効率的な神経誘導
      ― 6日以内にNeural rosettesへ誘導
      ― 12日以内にシングルセルの神経前駆細胞集団を回収
      ― 単層培養法なら6-9日で神経前駆細胞へ 詳しくはこちら>>>

STEMdiff Neural Induction Medium 使用方法の紹介はこちら (英語)




本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

【用 語】

・ Neural Rosette
Neural Rosetteは、胚性幹細胞のin vitro分化培養で神経前駆細胞に発生したサインです。また、Neural Rosetteは、神経管の発生においてPax6、Sox1、Nestinのような神経前駆細胞に発現する多くのタンパク質を発現する円柱細胞の放射性配列です。Neural Rosetteは、多くの神経の分化プロトコルの最初のステップである神経誘導成功の形態学的サインとして広く認められています。

・ Neural progenitor cells (NPCs)
NPCsは、自己再生及びcentral nervous system (CNS)の分化した主な組織タイプ(神経細胞、星状細胞、オリゴデンドロサイト)を生む能力を有するものとしてキャラクタライゼーションされています。NPCsは、胚または成人哺乳類の脳から分離できますが、プライマリーヒトNPCsのin vitroでの増殖は、細胞入手の問題及びdoubling timeがゆっくりである為大変チャレンジングです。hPSCから誘導したNPCsは、in vitroでプライマリーヒトNPCsと同等の制限のないソースを意味します。

・ Flat cells
Flat cellsは、通常NPCsを含むneural rosette clusterの末端で見つかります。NPCsとのco-emergeは、スタートの多能性幹細胞の質に大きく依存します(質が高いとflat cellsは少なくなります)。文献では、flat cellsはneural-crest cellsとして示されました (Terskikh 2010)。NPCsの集団中のflat cellsの存在は、最終的に得られる分化させた細胞種の収率が減少する(基本的に希釈される)。それはSTEMdiff Neural Rosette Selection Reagentを使い培養物からこれらのflat cellsを除去することを強く推奨致します。

NeuroFluor NeuOで染色したヒトiPS由来ニューロン

(A) ヒトiPS由来神経前駆細胞(XCL-1) をSTEMdiff Neuron Maturation Mediumで18日間培養しNeuroFluor NeuO(緑色)で染色した。核はDAPI染色。
(B) 同サンプルを固定してβ-tubulin III(赤色)で染色した。いずれも倍率は20X。

関連製品

スタンダードなヒトES/iPS細胞維持培地 (mTeSR1)

胚様体形成用プレート (AggreWell)

ヒトES/iPS細胞からの神経分化用培地 (STEMdiff Neuron/Dopa/Astro)

ヒトiPS由来ニューロン

関連リンク

ヒトES/iPS細胞から神経誘導を最短6日!単層培養プロトコルのご紹介

英語マニュアル

STEMdiff Neural Induction Mediumマニュアル

技術資料

STEMdiff Neural System ~ヒトES/iPS由来神経前駆細胞研究用~

NeuroFluor CDr3 【学会発表ポスター】

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
ST-01800 NeuroFluor CDr3 0.5mL 冷凍(-20℃)  
ST-01801 NeuroFluor NeuO 0.1mL 冷凍(-20℃)  
ST-05832 STEMdiff Neural Rosette Select Reagent 100mL 室温  
ST-05833 STEMdiff Neural Progenitor Medium kit 冷凍(-20℃)  
ST-05835 STEMdiff Neural Induction Medium 250mL 冷凍(-20℃)  
ST-05838 STEMdiff Neural Progenitor Freezing Medium 100mL 冷蔵(2-8℃)  
ST-05839 STEMdiff Neural Induction Medium 250mLX2 冷凍(-20℃)  
ST-69001 STEMdiff Human Neural Progenitor Antibody Panel 1Kit 冷蔵/冷凍  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]