胆汁うっ滞型薬物性肝障害 (cDILI) リスク予測アッセイサービス C-DILI Assay service

C-DILI アッセイは、化合物が胆汁うっ滞型の薬物性肝障害(DILI)を生じる可能性を評価する新しい in vitro 試験法です。C-DILIアッセイは、胆汁うっ滞肝毒性のリスクがあることが知られている化合物と高い in vitro-in vitro 相関を示します。これは、胆汁うっ滞型DILIのリスクを評価し、リード選択や毒性リスクの管理に有用なデータを提供する有効なツールです。BioIVT社では本C-DILI アッセイの受託試験を提供しています。

■背景■
胆汁酸は、高濃度ではアポトーシスシグナリングさらに膜を破壊することによって肝毒性を引き起こす可能性があります。肝臓は、側底流出、胆汁流出、合成および代謝を含む複数の調節機構を介して胆汁酸濃度をタイトにコントロールしています。しかし、もし制御機構が破壊されると、胆汁酸濃度が「限界点」に達し、肝毒性を生じる可能性があります。C-DILIアッセイは、これらのヒト関連プロセスのすべてを1つの単純な指示値へ簡素化し、臨床的に予測可能でユニークな胆汁うっ滞リスク評価を提供します。
ラットやイヌの胆汁酸構成成分と代謝はヒトとは異なり、トランスポーター調節も異なるため、動物 in vivo モデルは毒性評価に適していません。
C-DILIアッセイは、胆汁酸輸送を阻害してFXRおよびATP指標に拮抗する化合物に特異的で、単純なLDHおよびATP指標を用いるよう特別に構築されています。この指標は閾値を提供し、それが肝毒性の臨床試験と関連を持ちます。


■特長■
・研究開発の加速 - 単独のプログラムまたは他と研究との共同的なプログラムとして、C-DILIアッセイは皆様の研究開発プロセスを補完するように設計されています。初期段階のスクリーニングから最適化および特性評価まで、C-DILIアッセイは構造活性相関(SAR)、リード選択、および毒性評価プログラムへ情報を提供します。さらなる利点として、同じシステム、同一の細胞であっても、後であなたのキャラクタリゼーション作業において、より深い研究のために使用可能です。データはすべて互いに関係性を持ち一貫性があるため、異なるモデル実験系からデータを変換する必要はありません。
・高品質 - C-DILIアッセイは、ノースカロライナ州リサーチトライアングルパークのBioIVT社研究所で実施され、in vitroモデルで豊富な経験を持つ研究者によって監督されています。
・胆汁うっ滞性肝毒性作用検出の為の専用培地を使用:QUALGRO Sensitization Medium - QUALGROSensitization Mediumは、肝細胞が化合物の胆汁うっ滞性肝毒性作用に応答するような条件を作り出す細胞培養培地です。

■アッセイの流れ■
TRANSPORTER CERTIFIED 肝細胞をサンドイッチ培養で培養し、生理学的に関連する吸収、代謝、調節および排泄機能を再構築します。この肝細胞は、胆汁ポケットを有するマトリックスを形成し、BSEP、OSTおよびMRP3 / 4を含むトランスポーター機能を示します。
培養が確立されたのち、BioIVT社 独自の QualGro Sensitization Mediaを試験化合物と共にウェルに添加し、24時間インキュベートします。胆汁うっ滞性肝毒性は、標準的なプレートリーダーアッセイを用いて乳酸脱水素酵素(LDH)濃度およびATP含量を測定し、対照群と比較することによって評価されます。
試験化合物に対する応答は、臨床胆汁うっ滞効果を有する既知の薬物と比較します。ネガティブコントロールおよびポジティブコントロールとの比較によって、化合物が臨床的胆汁うっ滞性肝毒性の潜在的可能性を備えているかを検証できます。さらに、QualGro Sensitization Mediaを使用しないインキュベーションを並行して行うことで、化合物の直接的な肝毒性を評価することもできます。


■試験結果■
C-DILI アッセイレポートは、対照群と比較したLDH分泌およびATP含量割合と、ネガティブおよびポジティブコントロール標準と比較という、解釈の容易な評価です。試験結果は、C-DILIの可能性別に、緑(低)、オレンジ(中)または赤(高)の3色でコード化されます。


■アプリケーション■
C-DILI Assayは、BSEP、OSTα / β、MRP3 / 4、およびFXRに対する効果を統合して細胞間胆汁酸の蓄積に起因する肝毒性を表し、臨床的に肝細胞に対してうっ滞型毒性を有する化合物を予測するのに有効であることが示されています。



■お見積もりに関するお問い合わせ■
お気軽にお問い合わせください。
* 電話でのお問合せ
03-5776-0078(平日9:00 - 17:00)



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

関連製品

ヒト付着可能肝細胞

技術資料

C-DILI Assay service.pdf

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]