Lamininコート済みプレート

【製 品】
521-To-Go は、ヒト多能性幹細胞の培養に最適なマトリックス「Laminin-521」をコート済みの培養用プレートです。室温保存でき、すぐに培養に使えるので非常に便利です。
CLONEstem-To-Go は、ヒト多能性幹細胞の高効率クローニングを可能にする、「Laminin-521」ベースのコート済み培養用プレートです。
 ※ CLONEstem-To-Goは、販売中止となりました (2015年1月)。
   代替法は本ページ下の、★ Laminin-521によるヒトES/iPSクローニング法 ★をご覧ください。
   

■ 521-To-Goの特長
 ● 「Laminin-521」をプレコートした24ウェルプレート
 ● ヒトES/iPS細胞の培養などに最適
 ● コーティングの手間を省き、再現性良い結果を得られる
 ● 室温保存(製造日から1年)



【Laminin-521とは】
 ● α5鎖、β2鎖、γ1鎖から構成されるラミニン (旧称:ラミニン-11)
 ● ヒトES細胞から分泌
 ● 腎臓、神経筋接合部、肺、胎盤でも発現

【Laminin-521でのヒトES/iPS細胞培養】
 ● Defined、ゼノフリーな条件でのヒトES/iPS細胞培養
 ● シングル化した細胞の継代にも最適
 ● 他社マトリックスと比較して増殖が速い
 ● 長期継代培養でも正常な核型を維持(下図は130継代の例)
  

★ オススメ ★
 各種Lamininのアプリケーション・文献・FAQなどを集めた、便利なページをオープンしました。
 下記をクリックください ↓↓
 
   

★ Laminin-521によるヒトES/iPSクローニング法 ★
 Laminin-521とE-Cadherinを9:1で混ぜてコーティングしたウェルを使用し、BSAを加えた培地で培養することでヒトES/iPSの高効率クローニングが可能です。プロトコールをご参照ください。
 注) E-cadherinの推奨製品: E-cadherin(Advanced BioMatrix, #5085) または Recombinant Human E-Cadherin Fc Chimera (R&D Systems, #648-EC-100)
 より詳細なプロトコールはこちら>> Rodin S et al., (2014) Monolayer culturing and cloning of human pluripotent stem cells on laminin-521-based matrices under xeno-free and chemically defined conditions. Nature Protocols. 9:2354



本製品は、「研究用」です。研究目的にのみ使用し、人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないようにご注意ください。

関連製品

Laminin-521

スタンダードなヒトES/iPS細胞維持培地 (mTeSR1)

ゼノフリー・低蛋白なヒトES/iPS細胞維持培地 (TeSR-E8)

製品情報

製品コード 製品名 梱包単位 保存温度 該当法規 MSDS マニュアル・関連資料
日本語 英語 その他
BLA-PC521-024-01 521-To-Go 24wellx1 室温  
BLA-PC521-024-05 521-To-Go 24wellx5 室温  
BLA-PC521-024-20 521-To-Go 24wellx20 室温  

最新マニュアルはメーカーウェブサイトからダウンロードください

価格を確認する
※クリックすると、一般会員様向けマイページ内にある「製品価格検索」ページに遷移します。
※ログインが必要です。会員登録がお済みでないお客様は、遷移先のページより会員登録をお願いいたします。

※環境により資料などがダウンロードできない場合は、弊社にご連絡ください。TEL:03-5776-0078

お問い合わせは以下のフォームより承ります。
必要に応じて順次回答させていただきますが、お急ぎの場合はこちらより直接お電話にてお問い合わせください。  *必須

お名前* 姓:   名: お問合せ内容*
施設名*
所属/部署名*
E-MAIL*
お電話番号*

スパム対策のため、画像に表示されている文字を入力してください。*

CAPTCHA Image 文字を入力 [ 画像を変更する ]